コスパとエコにつながるリサイクルトナー

環境問題に貢献することもできる!リサイクルトナーとは?

リサイクルトナーとは、トナーを回収し中身を入れ替えた商品のことです。コスト削減にもなり、リサイクルとして環境問題にも貢献でき注目されています。リサイクルトナーについて説明しますので、参考にしてみてください。

リサイクルトナーとは?

トナーとは、印刷を使用する際に使う粉のことですが、カートリッジに入れてプリンターに挿入することで使用することができます。このトナーを入れるカートリッジを回収し、新たなトナーを入れたものがリサイクルトナーです。カートリッジを再利用することはリサイクルにもなり環境にも優しい商品となります。リサイクルトナーの場合、品質が純正のものに比べると劣る可能性はありますが、会社などで大量に印刷をする場合やすぐに読んで処分するような場合には適しているため、特性にあった使い方をすればとても有効なものです。基準も厳しく設定されていて、品質の国際規格であるISO9001、環境の国際規格であるISO14001などがあり、認定されたものにはシールが貼られています。

リサイクルトナーのメリットと注意点

リサイクルトナーはコストパフォーマンスの良さがメリットです。純正のものに比べ値段が安く、品質認定基準を通過したものを使用すれば不具合も多くありません。回収してくれる業者もあるので、簡単にリサイクルできることも特徴です。また保証が手厚いこともメリットです。再生品の利用とのことで、本体の保証は無期限、プリンター自体の保証を一年と定めていることが多いので安心して使用することができます。
注意点では、純正のものに比べ色の質が異なること、不具合を起こす可能性があることです。色合いでは黒は同じですがカラーで変わる場合があるので、ポスターなどの綺麗に印刷をしたい場合は、純正のものをしようするなど適した場面で変えることも必要となります。

リサイクルトナーの流れとは?

リサイクルトナーの流れでは、使用済みカートリッジが回収され工場に集められると、最初に状態や動作に不具合がないか検査をします。検査に通ったものだけが解体され、人の目視などでパーツなどの確認を行うので安心です。リサイクルトナーには使用できる回数が決まっているので、それぞれに番号が登録されデータとして管理されています。超音波洗浄で綺麗にし、組み立て後に新しいトナーを充填、全てにプリントテストをすることで外観や性能の確認をしてから会社やお店に送られるのです。届けた後のトラブルなどにも対応しているので、アフターケアも充実しています。リサイクルトナーを扱う業者は自社工場を持って行っていることが多いので、直接取引をすれば安価で買うこともできるでしょう。